看護師 お礼奉公 転職

お礼奉公の途中だけど転職・退職したい!でも、奨学金はどうなるの!?

看護師、准看護師、助産師で看護学校や専門学校に通うための奨学金をもらいながら資格を取得した方(お礼奉公)の退職や転職のスムーズな対応と情報をご紹介!

 

無料の登録で、お礼奉公の途中でも転職の際に専門的なコンサルティングやアドバイスを受けることができる主な看護師転職サイト

ナースではたらこ
ナースではたらこ
  • 全国の求人件数:約9万件(2012.8.20調べ)

  • 支援金:最大総額30万円

  • 主な特徴:オリコン顧客満足度ランキング2012年度 医療系人材紹介会社 1位獲得・逆指名制度あり!

  • 運営:ディップ株式会社

  • オススメ度:

「ナースではたらこ」は登録後の利用も無料です!

ナース人材バンク
NJBナース人材バンク
  • 全国の求人件数:59,268件(2012.8.20調べ)

  • 支援金:-

  • 主な特徴:看護師求人紹介 実績No.1・年間利用者10万人以上

  • 運営:株式会社エス・エム・エス

  • オススメ度:

「ナース人材バンク」は登録後の利用も無料です!

看護のお仕事
看護のお仕事
  • 全国の求人件数:13,875件(2012.8.20調べ)

  • 支援金:最大5万円

  • 主な特徴:サポート力に定評!電話サポート平日は夜10時まで(土日祝時は夜8時)

  • 運営:レバレジーズ株式会社

  • オススメ度:

「看護のお仕事」は登録後の利用も無料です!

 

看護師・准看護師のお礼奉公については退職や転職の際、奨学金の全額返還等の問題が発生するのでは?という不安も大きいと思いますが、労働基準法においては全額の返金等をしなくてもよいという判決に至ることが多いようです。
奨学金は労働と金融の問題で別々で区別する必要があるので、お礼奉公中に退職してはいけない、転職してはいけない!ということは全くありません。要は紳士協定、信義的な問題になるんですね。

 

この看護師のお礼奉公に関わる労働問題について最高裁の判断はなされていません。
・・が、概ね奨学金全額の返還を認められることは少ないようです。(詳しくは専門の弁護士等への相談が必要となります。)

 

お礼奉公中に病院の転職を考えている方は特に労働問題、人間関係の問題で悩んでいる方が多いようですが、当サイトでご紹介している看護師専門の転職サイトに無料登録することで、転職の悩みやお礼奉公や転職等に関する詳しい専門的なコンサルティングやアドバイスを受けることができます。

 

また、実際の交渉等においても貴方の代わりに直接交渉や転職希望の条件に合った病院探し、転職時の面倒な準備や手続きを行ってくれます!

 

お礼奉公中だから、嫌々今の病院やクリニックに勤めている・・という方は自分自分の人生ややり甲斐をムダにすることはありません!
相談できない悩みの多くは解決済みの問題であることが多いんですよ!

 

是非とも無料の相談、コンサルティングを受けてみましょう!
非公開で条件の良い病院やクリニックも豊富に登録されていますので、是非とも登録してみましょう!
(登録は完全無料で、完全非公開です♪)

看護師の職場ではなぜストレスや体調不良が多いのか?

看護師さんや准看護師さんの転職、退職理由の多くは人間関係と労働環境問題です。
特に奨学金をもらっていてお礼奉公をしている看護師さんたちの多くはこの人間関係と厳しい労働環境にも無理して耐えている状況があります。

 

昔ならいざ知らず現代はストレスが多く、病院でも最新の機器や技術がどんどん取り入れられています。また慢性的な看護師不足による看護師さんたちの過重労働、長時間労働は増えていく一方で、鬱、ストレス、体調不良等の問題も多くなっています。

 

お礼奉公をしなければいけないと考えている方はなおさらストレスや肉体的な疲労が貯まりやすいようです。

 

一番大切なのは自分自身であり、看護が必要な患者さんです。

 

看護師さんであるあなたがストレスや疲労で万全の状態で働けないならば、それはお礼奉公をしなければいけないという義務感以前の大きい問題を引き起こしかねません!

 

まずは周りの友人や仲間、先輩等に相談をしてみる。そして冷静な第三者にアドバイスをもらう・・・。それが問題の解決の第一歩になるのではないでしょうか!?

 

無料で看護師さんの転職情報や各種相談・コンサルティングを受けられる転職サイトもありますので、是非活用してみましょう!

 

転職サイトへの無料登録をしたからといっても、必ず転職をする必要はありませんし、今勤めている病院やクリニックを退職する必要はありません。ただ、いつでも転職する準備があれば今の職場でも少し気がラクになるかもしれません。

 

あくまで活用してみる!情報を集めてみる!という気楽なスタンスで登録してみるとよいですよ♪